子どもを保育園に通わせる【コミュニケーション育成はココ】

education

高齢者と子ども

education

世代間の交流を可能とする

保育園と言えば本来ならば、ひとつの建物の中に園児と職員たちが過ごす場所です。しかし現在では、保育園に介護施設が合わさったタイプが登場してきています。 保育園と介護施設が合わさることによって、園児と高齢者と交流する機会ができてきます。つまり同じ建物の中で、異なる世代が交わる形になると同時に交わる場所となります。 今後は、保育園と介護施設が一体化したものが様々な地域に増えていく可能性があります。加えて保育園の職員と介護施設の職員の交流が増える、両者による連携が重要になってくる事態も出てくることが予想できます。そのため、保育園の職員と介護施設の職員とによる何かしらの合同訓練を行ったりする可能性があります。

保育園と介護施設を一緒にするとき

保育園と介護施設を一体化させた建物を建設する際には、必ずルールにしたがって実施していく必要があります。また建設をするときには、幼稚園児と高齢者が通うことができる場所を選ぶことが重要です。 この他にも介護施設において、福祉対応車両が常駐できる場所を確保する上に、園児に注意を払う必要があります。つまり福祉対応車両が動く場所や周囲に何らかの対策を施して、何かしらの事態を防ぐ必要があります。 そのため保育園の職員に対して、車両が常駐している場所と動いている場所とその付近の情報を提供することが大事です。さらに保育園の職員が園児に対して、「車両に対する注意」をしてもらうことが重要になります。同時に園児の保護者に対しても、同様のことを事前に告知しておく必要があります。